髪の色素とは?

一口に髪と言っても様々な色の方がおられますよね。

黒髪、金髪、赤毛、栗毛といった様な髪の毛の色を決めるのは
コルテックスというメラニン色素によります。

メラニン色素にはユーメラニン、フェオメラニンの2種類が有り、
ユーメラニンは濃い褐色、フェオメラニンは黄色から赤に近い色をしていて、
この2つのメラニン色素の量の違いによって髪の毛の色が異なってきます。

日本人といえば黒髪ですが、この黒髪には大量のユーメラニンと
少量のフェオメラニンが含まれています。

逆に金髪にはフェオメラニンしか含まれていませんので、
この様に色が異なってくるのです。

この2種類のメラニン色素をつくる元がメラノサイトになります。

メラノサイトは毛根部分の一番下にあって、髪の毛をつくる毛母細胞と
入り混じるように存在しています。

このメラノサイトですが、メラニンをつくる時に欠かせないのが
チロシナーゼという酵素になります。

チロシナーゼは40歳代を過ぎますと、自然に減少してしまい、メラニン色素を
充分に作ることが出来なくなってしまいます。

こうしたサイクルの結果、白髪が生えてくるのです。

最近では髪の毛だけではなく、頭皮にも良いということで
ノンシリコンシャンプーが注目されていますが、普段から頭皮や
髪の健康には気をつけたいものです。


posted by エリカ at 00:00 | TrackBack(0) | 髪の色素とは?

この記事へのトラックバック
リンク集
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。